モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

忙しさとさびしさ

「10年なんてあっという間」と言っている大人のセリフは
まるっきり腑に落ちなかった子ども時代。
(ここが大人と子どものちがいかもなぁ)
今は確かに、時間が早く過ぎる。
だいぶ、花粉症の後遺症も癒えて、仕事も打ち合わせなども今週は出かけた。

家では、かみさんは忙しそうにしてるけど、
自分の体力は維持するようにしている。
つまり、あんまり、サポートしてあげない。体力ないんだもん。
というより、調子にのると体調を崩すから。

いままでだと、自分も共倒れになるまで手伝ったりしていたんだけど。
もしかしたら、そういうのが正しいかもしれないけど、今は先に寝てます。

先代からの言い伝えでいやなのは
「人に迷惑をかけない」

そういう気持ちもわからないでもないし、つい自分の子にも言ってしまうときがある。
でも、それは自分には無理。自己犠牲的な生き方は過去のトラウマとも共鳴して
いやーな気分になるし。

自分の周囲の人が忙しくしていると、自分が取り残されたように感じる。
それは、たぶん周りに「甘え」てるんだろうな。
「甘え」をなくすことはできなくでも、(なくす必要もないし)
自分ひとりでいても、寂しさで押しつぶされない程度の
ココロは持ちたいです。(強がり?)
[PR]
by cubit-papa | 2005-05-27 16:58 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31