モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

真竹の筍と空豆

今年、初めて竹の子と空豆を食べた。

竹の子は湯がいて辛し醤油で、空豆はクリステルの鍋で
水なしで、加熱して、塩ふって食べた。

竹の子は、今日採って、今日食べた。
空豆は買ったものを。

野菜は小学生のころから庭先でピーマンとか、茄子とか、カブとか、
オクラとか育てて、食べていた。

結婚してから畑で野菜を作るのが、当たり前になった気がする。

家庭菜園で採れるものは露地物だから、本当に「旬」というのがあって、
その日に採れたものは他の日に採れたものより、おいしい日っていうのがある。

夏野菜は特にそうかもしれない。

竹の子は旬という字に上に竹と言う字をのせて「筍」。
昨日、畑に行ったら、小さいミニトマトが緑の実をつけていた。

普段、食事は「習慣」として食べてるだけで、なかなか
「旬」のものとか、意識せずにいただいているが、
一年ぶりの竹の子は、そのことを思い出させてくれた。

空豆は、ふたつに割れたフォルムが「おしり」みたいで
子どもが、実際にパンツを脱いで、形状を身体で真似していた。

「飯食ってるときに、脱ぐなよ …(^_^;) 」
[PR]
by cubit-papa | 2005-06-12 20:42 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31