モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

励みになるのは

どうして男というか、ビジネスパーソンは人をモノとして扱うんだろう。

cubit-papaの本棚でも紹介した「はじめの一歩を踏み出そう」のなかに

“私を雇ったのは、単なる労働力としてではなく、もっと大切な何かをしてもらうためなのだという気持ちを感じることができました”ということが書いてあって。

自分はと言えば、今の会社で、その当時の社長に、いきさつは忘れてしまったけど
「あなたがいなくても、家具の図面を描く人は、他にもいる」って言われて
むちゃくちゃ、はらわたが煮えくり返りました。

他人に、人はモノ以上の価値があるってメッセージ、
ちゃんと、伝えることができているか、自分も含めて疑問です。

満足度調査の数字なんて、なんだかなー。
数字見せられても、励みにならない。

お客さんからの一言のほうがよっぽとうれしい。
「ほめる」ってことがその人の会社の「やる気」につながるなら
点数より、ことば(価値を伝える)ではなかろうか。

そして、そのことばを発することはたいへんなことだとおもう。
[PR]
by cubit-papa | 2005-07-07 19:52 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31