モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

バイオリンの弓

今日、私の勤めている工場に
バイオリンを作ったり、修理したりする人が来た。

積層強化木(樹脂を含んだ薄い木を重ねて熱圧プレスした特殊な合板)で
バイオリンの弓は作れないかとの、相談。

いまは、南米の木とカーボン製が出回っているらしい。

で、200年くらい前の保存状態の良い
腕のいい職人が作った、バイオリンの弓、
いくらだと思いますか?



















2000万円…。
家買えるじゃん(千葉ならね)

普通にいいモノだと、50万ぐらいだそうです。

芸術の世界ってすごいって思いました。
でも、もちろん、そういうものは、超一流っていう人しか使わないんでしょうけどね。

んー、でも、家具ではアンティークでもその値段はつかないなー。

価値って人それぞれなんですね。
[PR]
by cubit-papa | 2005-07-11 20:56 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31