モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

風光る

渡辺多恵子さんのコミックを、家族で回し読みしています。
(小学生にわかるんだろうか?)

今日は11巻を読んだんですが、
山南さんが、亡くなって、寂しい。泣きました。

新選組のなんたるかを、語る資格なんてなにもないんですけど、
史実かどうかとか、そういうことでもなくて、
誠実に、生きて、死んでいった人の生き様って
すごく大事。そのようには、とても生きてはいけないけど…。

いろんなカタチで、いろんな生き方のメッセージを受け取って
自分の頭で、考えて、なにかを選びとって、生きていく。

なにかを受け止め、生かしていくことができるのか、
ほんの少し、違う景色を感じただけだったのか。

自分のココロに居続けることになりそうな「風光る」のキャラたち。

おもしろいです。
[PR]
by cubit-papa | 2005-07-18 23:38 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30