モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

交わった道

今回、卒業制作の学生が、工場へ挨拶にきた。
わざわざご足労でした。卒業制作で「モノづくり」終わらせないでね。
作る現場からたとえ離れたとしても、「モノ使い」なんだから、きちんと自分の審美眼をもって、モノをえらんで、使っていって欲しいです。それが「いいモノ」を世の中に増やすことにゆるやかにつながっているのです。
そして、私と知り合いになれたってことを今後、生かして欲しいです。ほんとに。こんな人いないんだからね。(ToT)

どんな状況でも、わたしはモノをつくることからはなれずに生きていくと思います。同じような道ではないにしても
人生の中で、ほんの少し、それぞれの道が交差した時間。

なんというか、おもしろいっていうか、予測できないものだからこそ
大切に思うし、活かして欲しいと願っております。
[PR]
by cubit-papa | 2006-02-01 17:13 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31