モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

辞めると決めてから…

ブログでは公開してしまったのだが
会社にはまだ伝えていない。

でも、早いとこ言った方がいいかなーと思っていたら
上司らが夕方からごっそり出かけてしまった。

「まあ、あしたでもいいか…」

そしたら知り合いというか、仕事の大先輩から電話。

「自分と家族のことをいちばんに考えて」
「(退職するのは)一ヶ月後と言わずに、年内ぐらいにしたら」
「次が決まってから会社に伝えればいい」
「引き継ぎなんて会社から言われてから考えればいい」

大人だー。

確かにちょっと「辞める」ことにフォーカスしすぎてたかも。
いろんな人に会いにいくといいっていうのは、私もそう思ってました。
一ヶ月というよりも、もっと時間をかけていいんだ。
素直にそう思った。

会社帰りにコーヒー豆屋のタカチホへ。
年内には今の職場辞めるんですよっていうと
「サラリーマンにみえないもんねー」って言われた。
マスターもサラリーマン時代、あったんでしょうに。
「(相手からの)感謝がないとね」
「自分が楽しくないと」
「じじいになってコーヒー豆焼いて、コーヒーいれるのかっこいいなって」
いままでも、聞いた事はかもしれないけど、
今日はいつもより深く響いた気がした。
「徹夜してまでがんばるのはだめ。気がついたら徹夜っていうのはオッケー」
そうだよねぇ。しみじみ。

昨日は家族が出かけてて、精神的につらかった。
その夜に、奥さんに
「なんで俺と結婚したの?」って聞いたら
「あんたなら大丈夫と思った」と答えてくれた。

果たして、大丈夫なのかはわかんないけど
ともかく、ありがたかった。

たまたまテレビをつけたら
まぐれは必然って長沢節さんが言ってた。
行動しつづけていくことで、まぐれは必然的に起きると。

今のままでは、試合に出れない状態だから、
まずはまぐれでもなんでも、作っていかなきゃ。

山にこもってたって、いい作品は生まれないみたいなことも。
仲間というか、同好の士が必要だって。

なんか辞めると決めてから、ことばがしみる。
[PR]
by cubit-papa | 2006-04-17 20:54 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31