モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

カウンセリングへ行く

いわゆる「傾聴」というものが体験できた。

自分に関する事を見ず知らずの人に話すのだから
相手にわかるように、伝わるように話す。

それに対して、相手からの「意見」はまったくない。
相づちとうなずき、ポイントを少しまとめて返事してくれる。

こういう会話は日常生活にはない。

気が弱い私は大抵、その「意見」に左右され、
深読みし、自分が何を話そうとしていたのか
簡単に見失う。

そうできないことは居心地が悪かった。

あらためて、自分にはねかえってきたことは
自分は会社の意向に立ち向かおうとしていたこと
「デザイン」という領域の仕事は孤立していたこと。
(デザインの仕事の質の理解者がいないってこと)

だからこそ、スキマ時間があり、そした時間を創作への
時間として活用していたのだが。

会社の意向に沿えない自分に対しては
十分にがんばったとも思えるし、
これ以上(お金のためだけに)がんばらなくてもいいと思えた。
ただ、金銭面での不安は残るのだが。

カウンセリングは「自分の話を聴きにいく」ことかもしれない。

まあ長い人生、たまに悩むのも悪くない。
というか、いままで(価値観・考え方)の自分では
対応しきれないから、苦しいわけで。
未体験の苦しさだけど、ブログで愚痴ることもできるし
カウンセリングもあるわけだし。奥さんも子どももいるし。
ツイてると思う。

会社の無理解は今に始まったことではないし
そこに安住してしまっていた自分であったことも否定できないし。

ただ、会社の意向と自分自身の歩きたい道の違いについての
説明も相談も、これ以上自分のコトバを相手に尽くすことに
本当に疲れた。

そういう確認ができた。

(わかりづらい文章…)
[PR]
by cubit-papa | 2006-04-29 22:16 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31