モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

レイ・ブラッドベリ“Timeless Storis for Today and Tomorrow”序文より

“人間はだれでも、たとえば十歳で〈はじめて自分がほんとうに生きているのを発見した日〉とか、十五歳で〈はじめて自分もいつかは死ぬと気づいた日〉というような瞬間を持っている。
 だれでも、ある日の午後に野原を歩いていたとき、突然、強烈な生の認識におそわれ、この世界に生きる機会を与えられたことに心から深い感謝を味わった経験がある。
 だれでも、あまりに美しい日没を見て声も出ない程に感動し、それが大気内の無数の相互作用と光と、塵埃の微粒子と、心の中の奥舞台で作り出されたものであることを忘れた経験がある。
 だれにも、すべての誕生日の中の最高の誕生日、すなわち自分の生まれた日に、自分も貴重な特権を神から与えられた仲間の一人なのだと感じた経験がある。
 たしかに、人生の大部分は現実的で不快な出来事で埋まっている。成功よりも失敗が多く、健康よりも病気が多い。多勢の人が早めに諦めをつけ、このゲームから足を洗いたいと言い出す。
 しかし、もう一度あのような野原での午後が与えられれば、それとも、オフィスの窓の外に吹くある独特な、雨もようの風や、夜中にふと目覚め、寝静まった家族にとりまかれて月明かりにに照らされた家の中で過ごす一時間が与えられれば、わたしたちにもふたたび生きる勇気がが湧いてくる。
 ときおりの息抜き、一服の清涼剤、ちょっとした幸運、楽しい会合、そうしたものが、わたしたちをもう一度この薄汚れた小さな存在の切れはしへと、狂気にも似た、それ以上の凶暴さですがりつかせるのだ。いくら不平を唱え批判を口にしても、この舞台を去る刻限がきたとき、自分の出番が終わり幕が下りるのを見たときには、ほとんどの人々が、せめてもう一幕でも舞台にとどまりたいと悔やむものである。
 わたしは、この本があなたの清涼剤になってくれることを望む。この本が、あなたにすべての現実をもってしても、人生はやはり一つのファンタジーである、と示してくれる事を望む。なぜなら、それこそが人生が有形の世界で行っていることであるばかりでなく、それがどの様に行われているかをわたしたちにそれぞれの心が見届ける事がファンタジーを完成させるからだ。
 わたしたちはこの一つの世界の上に存在する四十億の小世界であり、その一人一人がちがった象を見ている。デリーへの道を行く七人の盲人の代わりに、一人一人が、自分自身であるためになにも見てはいない目利きの大群がいるのだ。
 奇跡なのは、人間がこの世界で多くを成し遂げられた事ではない。なにか一つでもなし遂げた事が、むしろ奇跡なのである。”
[PR]
by cubit-papa | 2006-07-10 23:51 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31