モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

新しい家具の企画

自宅でかなり以前から
こんな感じのトレイの引出しを使っています。

寸法を見直しました。
c0040244_22112716.jpg

下の空間にはA4ファイルが納まります。
c0040244_22114791.jpg

トレイを追加できます。
画像は深めタイプばかりですが
浅いのばっかりっていうのも入れられます。

自分で差し替えがきく、ビスレーの引出しみたいな感じ。

でも、引出しじゃなくて「トレイ」っていうのがミソ。

取り出して、出しておけます。

で、棚もこの寸法を利用すれば、
そのまま、トレイを入れることができます。

いままでは、ここで縁が切れていたのですが
デスクトップ→ワゴン(今回の画像)→棚と
このトレイがすべての収納に納まります。

本人はいたく気に入っており、
自宅のあちこちに増殖させています。

しかし、「モノ持ち」なので
なかなか納まりきれません(^^;)

このトレイ、あくまでトレイなので
引出しのように、前後がありません。

浅いトレイ、深いトレイは側面に差し込む
「受け」を一段飛ばせばすんなり入る寸法。

棚はA4ファイルとか、ファイルボックスが入り
アクリルの引き戸をつける仕様です。

棚はまだ試作中。

ワゴンは友人の家で使ってもらっています。
(そのうち画像、送ってくださいね)

目下の悩みは
製作所が見つからないこと。。。

まぁ、そのうち見つかるでしょう。きっと。

建築家の方達にぜひ、この寸法体系で
棚をつくってもらいたいです。

そうすると、便利だと思うんですけど。

自分なら、リビングの壁面収納の
側板に、このトレイの内寸と穴を開けといてもらいます。

そこに受けをつけちゃえば
トレイを移動できますからね。
[PR]
by cubit-papa | 2007-09-18 22:12 | 家具のポートフォリオ
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30