モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

特注フレームのこと

いろいろな仕事を一生懸命こなしている
知人より特注の鏡のフレーム部分の
製作の依頼があった。

知識としてこういうモノは
こういう素材ってことはわかっていたが
いざその素材を使うとなると、初めてなので
素材と非常に特異な形態に悪戦苦闘。

価格の設定もいわゆる「言い値」。

注文を受けて、なんとかしてあげたいという
心意気をくんで、引き受けたものの
「つくる」前段階での作業というか、
形態を立ち上げていく段階からの仕事となった。

打ち合わせしていくなかで
自分の頭のなかに、形態を描くことはできたが
つくることでのボリュームの差によって
加工機械(手)をどうするかまでは
その時点では明確にできなかった。
結局、加工機械を購入した。
でも、その決断で作業精度はアップ、時間も短縮できた。

つまり、加工に見合った「ツール」を
持っているかどうかってすごく大事。

それが見えないまま、仕事を受けると
こーなっちゃうんだなぁということを身を持って学んだ(^^;)

ただ、「こわいものみたさ」でチャレンジした部分もあった。
そういう「匂い」は確かにあったし。
そういうことをやるかやらないかで
かなり「差」がつくと思う。

自宅での作業ということもあり
赤ちゃんが起きている間は作業はできなかったが
カタチ造っているうちに
ランナーズハイみたいに
腱鞘炎の痛みも感じない。

我に返ると
「イテテ」とうめくのだけれど。

百貨店経由ということで
室内の調度品に対して
お金をかけられるお客さん。
逆に言えば「必要」以上の
スペックをもったモノ。



いま、必要なモノ以上のモノ。
ただ、それはその人の価値観次第。

この鏡にはなにが映し出されるのだろうか…。

かなり、喜んでいただけたようで
がんばった甲斐はありましたが。

もういっこはかんべん(^^;)
[PR]
by cubit-papa | 2008-07-11 08:18 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31