モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:そば猪口と器( 13 )

有田焼きの大日窯へいってきました。

c0040244_19274515.jpg
c0040244_19291915.jpg
c0040244_19303117.jpg


オリジナルデザインのそば猪口の製作の依頼へ。事前の連絡もしないで、突然の
お願いも快諾していただき、ありがとうございました。断られてもしかたないと
半分あきらめてのチャレンジだったのでうれしかったです。
まずは持ち込んだ図面に近い形の試作を作ってもらいます。

仕事場も見学させてもらいました。ご夫婦二人で切り盛りしているようで
大変そうでしたが、やっぱり現場はおもしろい。

焼くとずいぶん縮むもんだと感心しました。焼く前の土色の器もとてもきれいでした。

天草から土を、絵を描く土は近くで探してくるそうです。

ここの器は磁器なんですが、ぽってりしてて丈夫です。うさぎの絵が大日のトレードマーク。

うちはご飯茶碗はここのを使っています。


>>>art&design系blogに参加しています<<<
[PR]
by cubit-papa | 2005-02-13 19:48 | そば猪口と器

おんた

2004.9/11 
たくみにて小鹿田焼き2つ購入
そばちょこと5寸ひら皿。

そばちょこはおんたにはめずらしくストライプのすじが外周にはいっている。
ゆうも灰色。クリーム色が多いのにね。
けっこうおおぶりで、たくさん、お茶をのむのにはよい。
唇を触れる食器。毎日、キスしてるんだと気づいた。
緑茶がいいかんじに映える。気に入りました。

ひら皿はかみさんのチョイス。
洗練されているのはいやで、素朴で力強いのが自分の好みと気づいたそうだ。
緊張感もあるのがいいそうな。
c0040244_9511961.jpg

c0040244_9513055.jpg



    >>>art&design系blogに参加しています<<<
[PR]
by cubit-papa | 2005-02-03 14:53 | そば猪口と器

最初にそば猪口を買ったのは「ベニヤ民芸店」でした。

私の母が、器はちょっと好きなので、その影響もあって大学に入ると、自分の専用の器がもてるのがうれしく、少しずつ買っていました。そば猪口は気がつくともう20以上あって。
少しずつ、画像をアップしていく予定です。おたのしみに。というか、ブログってそういうことができるのがうれしい。

どうしてそこへ行ったのか記憶はないが、「べにや民芸店」で買ったそば猪口は自分のデサインしていく価値観のなかで非常にインスパイヤされたもの。今も。単純なシンプルではなく、シンプルでありつつ、自分というものを表現できている感じがとてもよい。これとは、会話ができて楽しい。モノに精神性を感じたのかな。
たしか、3000円ぐらいのものだったが、自分にとっては宝物。最初のそば猪口コレクション。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-27 13:13 | そば猪口と器
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31