モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

CUBITの思想メモ

"CUBIT"はノアが箱舟をつくった時の長さの単位。

CUBITの家具は基本(基本のスケール)を大切にします。

懐古主義的でもなく、ハイテク礼参でもなく。

素材だけに頼るのではなく、デザインだけの刺激に満足するのではなく。

人の生活空間にあったスケールを大事にしたい。

長く使われてきた素材、特別でなく
比較的容易に入手可能なもの、また、制作可能なもの。
生活に沿う、(とけこめる)家具をつくります。

違和感の排除
フォルムと素材はその目的(必要性)に
答えうるように、カタチづくります。
なおかつ、「異彩」を放つモノではなく、
ずっとあったような存在感を目指します。


中庸という思想。止揚という状態へ。

「見える」人へ。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-31 10:33 | 家具のことば

合板でつくる家具

というタイトルで、過去作品・実用品など動機から制作過程などできるだけ細かく
書き残してみようと思っています。いま使っているデスクもデザインしたのですよ。

自分にとっては普通にやってきたことでも、漠然と家具作りたいとか思っている人の
参考にでもなればと。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-30 22:32 | 家具のことば

イエローサブマリンとレオポルドに行きました。

千葉駅の前の塚本ビルの3階のプラモ屋、隣り合わせなんですね。ジャンルとしては
バッティングしているのに、その中でまたさらに住み分けして、なんとか商売に
なっているのでしょうか。レオポルドさんには古いキットがたくさんあったので
こんど、じっくり見てみたいです。ムスタングとコルベットをつくりたい。
今はガンキャノンの1/144とフジミのBMW635Csiを製作中。
途中経過を後日アッブします。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-30 22:22 | 模型(プラモデル)

マッコリうまいよ

マッコリファンはいづこ…。

かみさんは「日本酒のカクテルみたい」と言ってます。
ちょっと意味不明だけど、こんなの飲んだことないわけだから
うまいこと、表現できなくてもしかたない。

パッケージ(紙パック!)が問題だし、ふって飲むんですけど、しばらく置くと白いもやもやが分離するのも初めての人はいやだよね。

瓶入りは少なくて物足りないし。。。

普通のお酒売ってる店で買える日はくるのでしょうか。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-29 22:43 | お酒・主にマッコリ

子どもの家具のフライヤーから その4

「CUBIT」は世界一有名な長さの単位?

ノアの方舟はご存知ですよね。
ノアは神様からの啓示を受け、世界の出直しのための方舟づくりを、
無理やりいいつけられます。
最初は困ったでしょうね。山で舟をつくるなんて。
でも、ノアは舟をつくり出します。その時、神様は舟のサイズを
○○キュビットという単位で指示していたのです。キュビットはずいぶん昔の長さの
単位で、しかもバイブルに載っているんです。

でも、記憶している人は少ないかな。

1キュビットは約46cm。腕尺ともよばれているようです。

私はモノづくりで大事なのは「スケール感」だと考えています。

日本の「尺度」ということばも、ものだけではなく、
例えば食べる量も、働く・休憩する時間もそれぞれに適した量があるし、
昔から、その適量はさまざまに言い伝えられてきています。

必要とされる機能を果たしえるサイズ。他の商品との
差をつける目的で、大げさなカタチにするのは、本来の
意図からは離れてしまう。「差別化」っていったりもしますけど、
私はそういうデザイン得意ではないですし、そうした意図のモノは
やはり、私にとっては見るにも使うにもアンバランスです。

スタイリングのだけのデザインにならぬように
自分への戒めという意味と、単位があってはじめて
大きさは伝達できるっていうあたりまえのこと、
そして、そんなベーシックな「尺度」を大事にしたモノづくり。


これからもそんな視点で
モノづくりをつづけていきたいと考えています。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-28 12:16

子どもの家具のフライヤーから その3

子どもの家具は商品ではなかった!?

古くてモダンな素材「合板」を使った商品開発を指示されたものの、
商品として、世間に受け入れられるような商品はなかなか
作れない(今もですが…)日々が続いていました。そうした中で
私事で恐縮ですが子どもが生まれ、こちらはすくすくと育って
いました。食卓で子供向けの高さを調整できる椅子で食事を
していたのですが、うちの子はなにを勘違いしたんだか、椅子と
椅子の間を歩こうとして、床に落ちました。それで、ちょっと
食卓での食事はこの子の場合はこわいね、ということになり、
座卓での食事にしようということになりました。

More
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-28 12:12 | 家具のことば

子どもの家具のフライヤーから その2

意外と知らない「合板=(プライウッド)」の話

子どもの家具に使われている「シナ積層合板」は北海道で
生産されています。「合板」は丸太をお風呂に入れてぐつぐつ煮込んで、
両端をはさんで、回転させ、刃物をあてて薄い単板をつくることから
スタートします。
実はこの丸太をかつら向きにして作る薄い板のことをベニヤというのです。
そして、このベニヤを重ねて貼りあわせて板をつくってそれを
「ベニヤ合板」といって売っていたのです。時間とともに何故だか後ろの
合板がとれてベニヤと呼ぶのが一般的になってしまったのです。

でも最近は「合板(ごうはん)」と呼んでくださる方が増え、メーカーとしては
ちょっとうれしいです。

「シナベニヤ」っていうと表面と裏面だけがシナという木の単板で、
内側はラワンという木を使っているのが一般に流通してます。
ホームセンターなどでも売ってます。

ところが、この子どもの家具に使われているのは「シナ積層合板」。
そんじょそこらには売ってません!中身も白色の木を使っている贅沢な
合板なのです。だから、きれいなんです。私は、この断面のストライプの
表情がすごく好きです。

ちょっとバームクーヘンに似てますよね。だから、子どもの家具のブランド名
は「ビスケット」とか「クッキー」にしようかと思っていた時期もありました。
でも、かじられそうなのでやめましたが。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-28 12:01 | 家具のことば

子どもの家具のフライヤーから

モノから受けとるメッセージ

「子どもがはじめて使う家具」というのも、この子どもの家具のコンセプトのひとつです。
それには2つの意味があって

「はじめてでも使いやすいものを」
「はじめて使うものだから本物を」

座卓ではなく、テーブルで使う子供用の椅子はいいものがあります。
私はまだ、それよりいいものを作れていません。

でも、座卓で使えるものでは探してみたけど欲しくなるものありませんでした。

More
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-28 10:00 | 家具のことば

椅子に関するテキストの予定

椅子好きはおしりと背中を敏感にして椅子に座って
椅子をチェックします。そんな座り方をして
いろんなショップを巡り一通りの有名どころに腰掛け
ちょっと専門的な本を読んで、2〜3年もすれば
少なくとも自分にとって、どんな椅子がいいかはわかってくると
思います。とはいえ普通はどこをどうチェックすればいいのか
わかんないです。いくつか一般的なことをこれから書いていきます。

私が自分でデザインし作った椅子に対して自分がテーマとして取り組んだことを
個々の椅子のテキストでご覧ください。テーマは取り組む椅子と
時間で変化していますし、これからも変わっていくと思います。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-27 22:16 | 家具のことば

椅子。

直立歩行にトライして以来、休息には欠かせない道具が椅子なるものであったと思う。
椅子がモノとしていつごろから云々は専門家に譲る。
いわゆるデスクワークには欠かせないし、食事も。
わざわざ立ち食いを選ばない限りは椅子に座って食事する。
その人の身長と適当な座の高さについては後述、家具のとこで。

椅子にすわってすることは、
仕事・休憩・食事に大別されるかな。
そして、一般論としての
「すわり心地のいい椅子は?」という質問。
もうこれは大雑把な話にしかならないのだけど。
私らは(家具デザインに携わる人)座の高さや素材やらにこだわってデザインしている。
昔と比べて、座る時間と立っている時間の比率は
確実に座っている時間が増えているだろう。
デスクワークを9時から5時までやれば、
24時間のうち約1/3を座って過ごすことになる。
立っている時間、歩いている時間は通勤電車と家の間。
そして、夜は寝る。そう考えると座ることをもう少し真剣に
考えてもいいのではないでしょうか。

さて、アランは
「いらいらしている人には椅子をどうぞ」と言っている。
飲み会に遅れて顔を出せば「まあまあ、座って」と椅子を勧められる。
立っている状態で使っている筋肉と神経を使わなくなることでずいぶん負荷が減るのだろう。
座りっぱなしも体にはよくないけど。

とりとめがなくてゴメン。
[PR]
by cubit-papa | 2005-01-27 22:13 | モノ・コト・ココロ
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31