モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

行方不明の芯

シャーペンの芯は筆圧が弱いのでBを使っている。

芯は40本入りのケースで買うんだけど、最後まで使い切った記憶がない。
きちんと使い切ってから次の芯を買って使っている人はいるのだろうか。

製図が手書きのときは、0.3とか0.4の芯も持っていた。
あれも、使い切ることはなかったなぁ。
これは、学生にあげました。

クリップとか画鋲も、そういう扱いの商品。

使われることなく箱ごと行方不明になっている芯は
日本全国で、相当数あるだろうな。

細かいことだけど今持っている芯は最後まで使ってみよう。
その時はどんな気持ちがするだろう。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-31 19:34 | 覚え書き

今、考えていること(家具を中心に)

小さなホームページをつくって、
自分のプロダクトの販売をしたい。

ネットでプロダクト(知名度もなくブランドでもないオリジナルのモノ)を
売る上で最もネックになるのは「現物情報」をいかに伝えるか。

椅子を売るので試してみたいのは「長期の有償貸し出し」。

それと買ってくれた人のモノを見て、別の人が買った場合、
紹介料を支払うこと。
「○○さんの持っているモノをみて、欲しくなって買いました」
で、その○○さんへ売り上げの何パーセントかをバックしたい。

いろんなショップで取り扱ってもらうことより
個人から個人へ拡がっていくスタイルを構築してみたい。

いわゆるショップは商売としてモノを置いて売るのだけど
そのモノの持つ「こだわり」や「ストーリー」を販売員が説明しきれる訳もなく
お客さんは「雰囲気」と「価格」でしか、モノの価値を感じることができない。

家具との付き合いは長いのだから、いろんな背景を知ってほしい。
ブログを始めたきっかけでもあるのだけど。

私は家具のデザインを生業にしたいと思っている。
そして家族もいる、家に帰ったら料理もする。
プラモも作る。本も読む。
家具と直接関係のない、会社の仕事もする。(その割合が増えてきた…)
「中年の危機」とやらにも直面している。

単に私のつくったモノを気に入ってくれて買ってくれる人にも
おせっかいかも知れないけど、そのモノが生まれた背景を知って欲しい。

何を選び、使って行くか。
どうして「それ」を選んだのか。

そのあたりを今一度しっかり考えないといけない時期だと思う。
(今の日本のモノに対する価値観は、地球規模の視点からすればでは異常だもの)

人と人の関係の橋渡しができる「モノ」がつくりたい。
そして、キチンと向き合える「モノ」。

モノづくりは自分のこの世に在るという証。

いずれこの世を去るときが来ても
自分がつくったモノは私より長生きしてほしい。

そう室内の9月号にナンナ・ディッツェル女史が亡くなった記事がでていた。

私の「肘掛けのある椅子」の模型を見て「キュート」って言ってくれた。

キタニがナンナさんを招待した講演会があって、(これもスパイラルだったなぁ)
通訳のお姉さんに、これ(椅子の模型)を見て、感想を聞きたいと伝え、
ほんの数秒、見てもらった。(こんなことしたのは私だけだった)

彼女のつくるモノはモダン。きっとこれからも愛されていく。
ご冥福をお祈りします。

私も自分の好きなこと(家具を中心としたデザイン)を一生続けたい。
なんか、決意表明みたいだが、自分はつくることが好きなんだってことを
あらためて感じた。

そして、今回展示を見に来てくれた「人」に対して
ありがたいって以前より素直に受けとめている自分がいる。

凹むこともあるけどねー。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-29 21:27 | モノ・コト・ココロ

帰りの電車で

8/28(日)
展示終了。
椅子の近くにこの椅子の感想を書いてもらうノートを置いた。
みなさんの感想を見るのは、うれしたのしい。

ともかく、やってよかった。椅子づくり、モノづくりの話を塾生とするのは楽しい。
これから自分がどうすすんでいけばよいのか、
はっきりとはわからないが
今いる場所、今つかえる道具、今つかえる時間を使って
やっていくしかないと思う。

けっこう欲しいという感想があって
ようやっと、ここまでこれたかなーと思っている。

大学のときにつくった椅子から数えて何種くらいかな、と思って
数えると、5種類ぐらい(少ない…)

作った自分も作ることを楽しみ、人にも喜んでもらえるモノをつくる。

まだまだ先は長そうだ。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-28 20:32 | モノ・コト・ココロ

椅子塾展雑感

展示会場は奥へ行くと円形の展示スペースで
吹き抜けになっている。
それを取り囲むように2Fへ続くスロープがある。
そのスロープを上りきった端は展示会場が俯瞰できる穴場。

この眺めは他の展示会場ではなかなかない。



私の椅子にも腰掛けてくれる人がいる(うれしい)。

腰を椅子の背に押し付けたりして、座り心地を一生懸命確認する人。
座ってもすぐに立ち上がる人。
ポートフォリオを読み始める人。

本当は、椅子って洋服よりパーソナルなモノなのかもしれない。

椅子と向かい合う時、人は何を想うのだろう。

座ってしまうと、立っているときと違ってすばやく周りの状況に
反応できない。
だから、守ってくれそうな椅子を探すのかもしれない。
体を預けるっていうし。

座っていいのに、眺めるだけの人は
緊張しているのかもな。そんな雰囲気。
腰掛けたとたんに、ふっと体の緊張がほぐれるのが上から見るとわかる。

私の母の友人も来てくれた。私の知らない母の横顔を話してくれた。
キルトや染め・織りの趣味友達。
以外と近所に住んでいて、うちの奥さんも布フェチなので話が合いそう。
こうして、いろんな縁でつながつていくのは不思議。

ミネルバの宮本さんに(椅子の製作の第一人者)
「パソコンとかやるときは、こういう浅い(座面)のでいいよね」
って言ってもらえた。大抵、構造的な不備とか指摘されていたので
こういう感想はうれしかった。

今日の夜は搬出です。

電車の移動はしんどいけど、展示できてよかった。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-28 08:05 | 覚え書き

ロゴ画像の解説

いまから、30余年前の写真です。

後ろの車はトヨタのパプリカ。

32分の1のスケールのプラモデルを見つけたので
親父とおふくろに作ってあげようと思いまして。

で、パプリカの写っている写真を探して送ってもらったのです。

息子たちは、こんな時代がわたしにあったとは信じられないと言ってました。

左は姉です。

なつかしい。ちびだったなー。福岡の大橋に住んでいた頃。
おとなしそうに見えるでしょ?
母が不在のときに川で溺れかけたりしてたんですよ(^^;)
危なっかしい子どもだったようです。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-25 22:48 | 覚え書き

今日から椅子塾展

まさか、2年連続でスパイラルで展示するなんて
思っても見ませんでした。力作ぞろいです。ぜひ、ぜひ。

c0040244_20524180.jpg


会場としては、ほんとにいいところです。

千葉からは遠いけど。

私の椅子はどれでしょう?



初日は500名ぐらい来たみたいです。

オープニングパーティーはPM8:00からだったんですけど
あまりに眠いので帰ってきました。

椅子の方はほんとうに、奇跡的に間に合ってよかったです。

デジカメを忘れて、知人に借りたデジカメで一応撮影しました。

椅子塾展も7回め。椅子のレベルがアップしてきました。
一番最初は、東京デザインセンターでした。2000年に開催。

どういうくくりでとらえるべきかわかんないですけど
みなさん、器用です。座れますそれなりに。
特殊解というより、一般解に近いモノが増えてきました。


とはいえ、椅子は難しい。難しいけどおもしろい。

自分をある程度、満足させる椅子にはだいぶ近づいてきたみたいです。
その椅子が、果たして何人の人に喜んでもらえるのか…。

悩んでもしょうがないのですが、悩ましいところです。
c0040244_20524679.jpg
c0040244_20535045.jpg
c0040244_2054334.jpg


既製品の脚なもんで、上の方とのバランスがいまいちです。

それでも、このようなアーム付きの椅子は回転するのが必須だなと
感じました。

コンパクトなわりには、おしりの大きな人もしっかり受け止めてました。

浅い座はそれだけ、太ももの動きを妨げずに座っていられます。
このあたりが、この椅子のこだわりなんです。

キャスター部分、もうすこし小さいのを探してみます。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-24 21:51 | 家具のポートフォリオ

椅子、でましたぁ

なんとか、完成しました。

会期中はこわれずに座れそうです。

けっこういい出来♡

協力してくれたみなさま、ほんとうに感謝です。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-24 07:59 | 覚え書き

まわり道

今日は、青山の井上さん(椅子塾の主催者)で展示の打ち合わせ。

その近所に「駿河意匠」がある。10年前に1年ほどショップではなく事務所で働いていた。

負い目というのではないけど(クビになったので)
目標というわけではないけど、駿河意匠は自分にとって特別な存在だ。

井上さんの事務所で打ち合わせのあるときはつい覗く。

あれから10年。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-21 00:00 | 覚え書き

第7回 椅子塾展

8/24(水)〜28(日)
会場 スパイラルガーデン 港区南青山5-6-23
開館時間 11:00〜20:00

展示する椅子が、まだ完成していませんっ。
完成予定日8/23。

大丈夫。かな。

第7回 椅子塾展
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-18 21:41 | モノ・コト・ココロ

上司の転勤

ちょっと前、私がブログにグチを書いた上司が転勤になります。




人生って不思議です。

その話を聞いた時、
心がぽかーんとしました。

本人は、ずいぶん前からそのことを知っていただろうに
私が、それを知ったのは辞令の紙の掲示でした。

日本って、会社って。そういうもんなんですか?

その辺りは、不思議を通り越して、変だと思います。

自分が、この地を離れることがわかっていたから
私に、厳しく当たっていたのでしようか。

それって逆効果でした。

気持ちが、どんどん会社から離れてしまっています。

「積極的でないやつに仕事は任せられない、もう、辞めたら?辞めろよ」

体を壊してから、仕事に対する価値観変わったから。
ごめんね、積極的でなくて。
でも、仕事辞めないよ。まだね。準備したいことあるんだよ。ここで。
追いかけたい夢だってあるんだもの。


辞める人、転勤する人。

新しく入社した人。

今年は人の入れ替わりが多い年です。
[PR]
by cubit-papa | 2005-08-18 21:35 | 覚え書き
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー