モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

飛騨見聞録 総括と帰路

今回、本当に稀有かつもの好きなな企画に
すごいタイミングで参加できた自分にびっくり。

そして、自分にとって、とても有意義な旅になりました。

夫婦でのひさしぶりの旅行でもあり、
予備知識のない状況で訪問したにもかかわらず
好印象の街、高山。(ついてる)


8/24(金)

ツアー解散後は
「古民具・骨董店」めぐり。

もう非常に好きなんです。長崎へ帰る主な理由は
古民具を見るっていう理由が大きい。

単純にレトロが好きっていうのではなくて。
古伊万里がどーとかっていうのとも違って。
そのモノをつくった製作者は、ありあわせの材料で
目的に沿うように、一生懸命工夫しているていうのが
いいんです。モノににじみでているのです。
その工夫が涙ものなのです。

デザインという行為以前の戦いかもしれないけど
できあがった形はとても、整合性があり、素材、形状にも
がんばっている印象があり。好きなんです。

我が家のおみやげに
春慶塗りの重箱と陶器をゲット。
(画像は後日アップします。)

陶器は灰を入れるのに使っていたものらしいです。

こういう出会いもあっていいです。

高山の古民具のお店は非常に店舗自体がきれい。

長崎の店はもう足の踏み場もないし、
展示品の手入れはほとんどしてないし。
箱もない。骨董的には「箱書き」があると
価値があるんですが。

高山はいろんなところが
ほんとうにきちんとしてました。

古民具店巡りで、けっこうへろへろになった状態で
帰りのドライブに突入。

山道は、奥さんに、
高速は私が運転。

途中、豪雨にも見舞われましたが
なんとか、帰宅。

遠出するといつもそうなんですが、
体が帰ってきても、「魂」がついてこない。

翌日の勤務はかなりモーローとしてました。



転職宣言をしてから、
企画から販売まで一貫しているメーカーを
探し、一社には履歴書までは送ったものの
不採用。

現地に行くこともなく、履歴書だけを
送って、仮に採用されたしても、
やはり、その順序は「変」。

今回、いろんな家具メーカーを見て回れました。
そうしたことができためぐり合わせ自体が
自分にとっては、ほんとうに不思議な「縁」を
感じています。

そして、家具に関わる仕事をしたいと
いう気持ちを再認識できました。

自分がほんとうに働きたいっていう
なんというか、「勘」のようなものは
今回のメーカーさんの中には
感じることはなかったのですが、
なんというか、「風」が吹けば
その風にのって行こうという気分です。

自力でぐいぐいと我が道を行くって
心境からは、脱したようです。

身辺整理は着々と進めております。
整理と言うか、管理。

それと掃除。

ちょっと遠くを見ている自分に
気づくことができた、旅でした。
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-30 13:08 | 覚え書き

飛騨見聞録 三日目

8/24(木)

飛騨には朝市があるとのこと。

朝食を済ませた後、
集合時間まで、ぶらぶらしました。

c0040244_20371153.jpg


c0040244_20401166.jpg



朝市には、さる××がたくさんいました。

九州の人は発音できない名前のさるのあかちゃんのお人形。

味噌やら採り立ての野菜などありました。
が、それほどにぎやかな感じではなかったです。

さて、本日は本命の日進木工さんへ。

日本の量産家具メーカーの中では
私はいちばん好きです。

デザインがやさしいです。

他のメーカーはどちらかというと
「力強い」フォルム。

日進さんは、モダンで女性的。

まずはショールーム。

そうそう、小泉誠氏のデザインのものも発売してますね。

テイストが近いのでしょうね。そんなに違和感は感じませんでした。


そして、雉子舎(きじや)
えーと、いわゆる木工作家的な会社です。

あんまり、コメントはなし。

けっこう有名なオークビレッジさんへも行きました。
今回のツアーの最後のメーカーさん。

説明を担当された方が
とても、熱く語ってくれました。

ストックしてる木材は半端ではありません。
金額もすんごいらしいです。

お客さんの要望に答えるためとはいえ、
こんな風に木材をストックすること自体
なんか、うーん…。。。

うまく言えないけど、なんかひっかかりました。


(そして帰路へとつづく)
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-28 13:14 | 覚え書き

飛騨見聞録 二日めの午後

たのしい昼食の後に柏木工さんへ。

飛騨産業さんから車で5分。
近いです。

説明に4人動員して数人に分かれて工場見学。
かなりしっかり聞けました。
工場は機械の加工の音がうるさいので
声が聞き取りづらいのです。

こんな家具バカたちのために…。

ありがとうございます。

柏木工さんはトヨタの看板方式をかなり徹底して取り入れていて
出荷の現場がすっきり。
段ボールも自社で製作。

c0040244_16532515.jpg


画像は塗装の乾燥の工程。
椅子が宙に浮いておもしろいでしょ。
カーテンレールのようなものにひっかけて
ゆっくりと乾燥室の中を移動していきます。

この後、キタニさんへ。

最高の立地です。

まるっきりリゾート地の別荘のような。

c0040244_2024259.jpg


ここはいわゆる北欧(デンマークがメイン)の
家具のライセンス生産を主にしています。

希少な椅子に座れるという意味では
ここはぜひ、訪れたいところです。

日本の椅子のデザインと
北欧のそれとの差に愕然とし
椅子に対する想いの深さに感動しました。

いわゆる名作椅子は、すごいです。

きれいです。

c0040244_20293514.jpg


どこから見ても。座っても。

いいんです。

ちなみにこの画像は
イブ・コホド=ラーセンの
「エリザベスチェア」。
1956年に発表されたもの。
この椅子を題材に詩が書かれた程です。


この日はこの3つの工場を見学して終了。
お腹いっぱい。


夕食は中橋近くの「あ蔵」というお店で
皆で、会食。

c0040244_19585916.jpg


一端、解散してからの集合だったので、
ごちそうを目の前に、かなりつらい時間を過ごしました。

しかーし、おいしかった。ここはお勧め。
いわゆる、旅館やホテルの中途半端な食事より
だんぜんオッケーでした。

この食事に参加している人たちは
私が「ヴィコが好き」って言っても、

通じます。

非常に、得難い人々です。
(ちなみにヴィコとはイタリアの重鎮デザイナーのヴィコ・マジストレッティー様のこと)

まぁ、盛り上がります。

料理も、話もたのしく、しあわせなひとときでした。

この日の宿泊は上野屋さん。見かけに寄らず
設備は新しいもので、そういう意味では居心地よかったです。

そして三日目につづく。
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-26 18:46 | 覚え書き

飛騨見聞録 二日目

8/23(水)
起床。朝、涼しい。

朝食は「朴葉みそ」や焼き魚、タマゴ、自家製のお漬け物と
あさっぱらから、3杯もおかわりもしてしまいました。
朴葉みそ、ごはんがめっちゃ、すすみました。

そうそう、「民宿 山下」さんではアルコールでないので
飲みたい人は自分で、もってこないとちょっと寂しい。
夕食をご一緒した方に、夕食後ビールを差し入れしていただきました。

ありがとうございました。

すんごいいい天気の中、高山駅へ。
家具おたく、椅子ふぇちの面々と、ひさびさのご対面。

いざ、家具工場へ!
家具工場に出かけるぞっ!と言われてワクワクする人って
そうとうめずらしいでしょうね。

総勢18名。

まずは飛騨産業さんへ。

駅から、3分ぐらいでした。

なんというか、近すぎ。工場っていうと
それなりに駅から離れていると思ってた。

飛騨産業さんの社員の方で椅子塾生の方がいて
この方の存在が、今回のツアー実現に大きく寄与していて。

ずうずうしくも、高山での宿の事をいろいろお訪ねしました。
ありがとうございました。

今度はゆっくりお話ししましょうね。

さて、工場は「きれい」の一言。

私の職場も「ものづくり」の工場なんですが
まぁ、それなりにきれいにはしてますが、ここは別格。

初めて、曲げ木の加工現場を目撃してしまいました。
蒸気で蒸した木を一定の型へ入れて、プレスします。

「うわー、はぇぇぇぇー」

ぐにーっと曲がりました。

けっこう厚い板が。

成型合板とはまったく違います。
感動しました。

曲げた後は、形を保ったまま、しばらく冷やして。
さらに型からはずして、寝かせるそうです。

そうしてやっと加工される。

私の場合、板を曲げるっというと「成型合板」のイメージ
しかなかったので、今回はこの「曲げ木」の現場が
見れただけで、大収穫です。

他の行程も、きちんときれいに作ってました。

んー、一日中、家具作っていられるなんて…。

うらやましい。

c0040244_1636020.jpg


ショールームに黒田辰秋さんの椅子がありました。
わたしはすごく好きなんです。
いがいなところで、ご対面。

c0040244_16395130.jpg

普通ではやらないディテール。
いいのか、わるいのか。
でもかっちょいい。

量産メーカーさんは納品後の品質の維持のために
「含水率」にそうとう気を使っているようでした。

雨ざらしで、外に板を放置しておく「天然乾燥」=「てんかん」
蒸気と熱で、板を乾燥させる「人口乾燥」=「じんかん」

各工場や思想によって変わるのですが
ほんとうに、みなさん気を使っていました。

「てんかんはどのぐらいしてるのですか?」

気を失ったり、ぴくぴくしちゃう方と勘違いして答えると大変だなと
思いました。

だって最低2年、長ければ10年も「てんかん」するんです。

余計な事を考えているのに、飛騨産業さんを後に昼食。

名前は忘れたんですが、「製麺所」へ。
「製麺所」です。

ひと玉、1.5玉、2玉と麺の量を調整可。

さらに、うどんひと玉、そばひと玉、を一つのどんぶりに
一緒にしてもいいという、たいへんおおらかな「製麺所」。

わたしは「そばをひと玉、冷やむぎをひと玉の熱いの」を
いただきました。トッピングはゆでたまごと、かき揚げ。

味はとりたてて…。でも、このどんぶり勘定と言うか
めずらしさが楽しかったです。

つづく
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-26 15:03 | 覚え書き

飛騨見聞録 一日目

無事、戻ってまいりました。

ひじょーに、
「精練」な土地、というのが感想。

8/22(移動日)

朝、9時頃自宅を出発。
都内の渋滞にしっかりはまりつつ
中央道へ。

えびせんはコンビニで購入。(^○^)/^

実は、車によるお泊り旅行は
結婚して、2度目。

夫婦だけでははじめて。
新婚旅行以来ってことですね。

私の実家が九州なので
飛行機による移動がメインだったので。(言い訳)

サニーはよく走ってくれました。
直前に、タイヤ交換をしたので
高速は比較的安心して、踏み込めました。
高速の上り坂での100キロキープは
アクセルベタ踏み。

一泊目は「民宿 山下」さんへ。

c0040244_21323037.jpg


高山駅周辺をぶらぶらした後、宿に。

実際に来てみるとも街のあちこちに宿があった。
観光地なんですね。(予備知識微小)

山下さんでは、到着後に早速、食事。

囲炉裏のそばで、多摩から来たご夫婦と会食。

私たちの住んでいる町の一駅となりが、そのご夫婦の
旦那さまの実家だそうで。

「なんで、飛騨に来てその地名を聞くのかな…」と
心底お思いました。
シンクロニシティってやつなんでしょうか。

食事はいい意味で「おふくろの味」でした。
お風呂の洗面器は「ケロリン」でした。

なんだか、この町はモノを大事に使うDNAが根付いているみたい。

交通の便はいまでこそ、よくなっているものの
昔はほんとうに「モノ」の往来は限られていたのでしょう。

通りも、ゴミひとつ落ちていなくて、
きれいにしています。

「スクラップアンドビルド」という思想の反対にある街。

しかも、手入れも行き届いていて
私のようにがさつな人間にとっては
本気で驚きの街並みでした。

この時点で「また来たいな~」と思ってました。

(二日目に続く…)
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-25 08:34 | 覚え書き

飛騨へ

明日、奥さんと向かいます。

約7時間のドライブ。
2泊3日。
子どもらは、おばあちゃんのうち。
よろしくです。

運転は好きじゃないけど、
楽しみです。家具工場の見学をしてきます。

顔がにやけるぐらい、楽しみです。

おやつは一人、200円だそうです。(奥さんによる)
個人的にミックスエビセンが必須です。
源氏パイは運転中に食べるとぼろぼろになります。
あの「みみ」だけ先に食べるのが好きです。
ギンビスのアスパラも好きです。一つのくびれを一度に食べるのが基本。
そのルールを無視して、バリバリたべるとすごく「贅沢」な感触に包まれます。
つくづく、自分ってお手軽なやつだと思います。

あぁ、7時間。
運転は…。まぁ、ゆっくり走ります。
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-21 22:30 | 覚え書き

お盆

昨晩、奥さんのおばあちゃんが亡くなった。

危篤の電話の後、
30分程して、亡くなったと電話があった。

バタバタと出かける準備をして
奥さんだけ新潟へ向かった。

私は、結婚前の挨拶に一度会ったきり。

私のおばあちゃんは、いまだに存命。

頭のほうはやなりやばいのだか、体はいたって健康。
たぶん、私の方が病院にいっている頻度が高いのではないだろうか。

そう考えると、あの年代の方々は
ほんとうに激動の時代を生きて来ていて。

価値観もずいぶん乱暴に周囲に振り回されて
それでも、精一杯「おばあちゃん」として
孫たちには、やさしく接してくれた。

そして、そこから、なにかひとつでも
世代を超えて、伝えていって。

そういうものが純化されていって。

人が人と。人が地球とバランスを保って
生きていけるようになるまでに、これからいったい
どのくらいかかるのだろう。

そんな大きな事を書いてみたところで
所詮、
ほんとうに身近な人にしか、
やさしくしてあげられないんだってことを
もう一度、噛み締めて。

合掌。
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-13 10:08 | 覚え書き

乗り心地のよい…

8/11(木)
とある家電メーカーへ打合せ。
すごく楽しい時間だった。
そのあと椅子塾ツアーの参加費を持参。
次回の新作(アイテムは一応秘密)に積層強化木を使ってみたいとのコト。

樹脂はイヤ、金属では直接手の触れる場所なのでこれも避けたい、
しかも、通常の木材だと使用条件が厳しいので壊れるか、
変形してしまうというところにこやつの活躍の場がある。
なんだか、すごーくわがままな素材かもしれない。

 サムシングニューの話はいいね。
あーでもないこーでもないと、話は広がったり収束したり。
心をオープンに、目的地をきちんと共有して、
みなでゆらゆらと飛び回っている。
そんな時間をひさーしぶりに過ごせた。

んが先週からの一人二交代勤務状態で頭と体がしびれてきました。
日曜から休めます。

お盆はタカチホのカウンターの施工に行ってきます。
うまくいくといいんだけど。
家族は海水浴。私は組み立てと…。さびしぃ。まぁいいや
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-11 15:01 | モノ・コト・ココロ

愚痴と慰めと…

職場はほんとうに人手不足。

それぞれの部署の担当者しかいない。

そうすると、製作の作業で人数が必要なとき
自分の仕事をストップして、人が集まる。

私には、非常につらい。

作業中にも電話はなるし、長時間の現場作業だと
事務所での見積もりなど、チェックがおろそかになって、はっきり言って
やばい。もちろん図面なんかもチェック不足になる。
(途中で、作図から離れる心境、わかりますか?)

そして、試作の仕事のために工場内の場所の確保もやけに厳しい。
もともと、私のやっていることは工場の人には意味不明らしく
どんどん、荷物置き場化して、機械を動かすスペースすらない。
そこに、材料置かれたら、ボール盤がまわせないよ。
あと、30センチあれば作業できるのに。
という所に、でんと置かれちゃう。
通路の反対側はがらんとしているのに…。
なぜ、ココ? 嫌み? 

普通に、作業のためにモノをおいていると
思っていても(他の作業を妨げぬ位置に)
トイレにいってもどると、もう、別の場所へ移動されている。
「なにゆえ?」

わし:「ここにおいてもいい?」
あいて:「邪魔」

考える余地さえないのか。会話にならない。

わたしからみると他にも置きようはあるように見えるが
「いじめ」なのか、仕事のストレスの発散なのか、
ちょっと、常軌を逸しているような自分だけのための作業のスペース確保。

私のスペースを消すことの意味がきっとあるのだろう。

実際、人がいないから、機械や素材の移動に時間をかけられないのだろうし。

などと、相手の立場に立って、その行動の動機をいくら想像しても
自分の腑に落ちない。

で、小心者ゆえに、めんと向かって、シンプルに
「場所をあけて」とも言えない(彼の理由を否定したくはない)

場所、くれ。

そんなストレスで家に帰ってから
ちらかしほうだいの子どもたちを怒った。

自己嫌悪。

でも、
「パパのおかげで、部屋が片付いた」といってくれた。

ありがとね、怒ってごめんね。

あぁ、でもたとえば転職したら、似たような状況になるかもしれない。

困ったという心理でいるより
十分な場所はないとはいえ、「モノつくり」の場はあると考え直し、
「いじめ(?)られているとしても、殺されるわけではないと」自分をはげまし、
(めずらしく)寝つきの悪い夜を過ごし
今朝は職場へ向かった。

転職を希求する遠因ではあるよな。

More
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-08 09:51 | 覚え書き

ヨタハチ完成(S=1/32)

ヨタハチとは言わずとしれた
「トヨタ800」という自動車の愛称です。

たぶん、知らない人が多いのでしょうが。
せっかくだから、おぼえましょう。
(いや、べつに無理におぼえなくともいいんですが)

c0040244_23382316.jpg


(これは実車です。デジカメ修理中につき、プラモの画像は後日)
どーして、こんなにかわいい車が今、作られていないのか不思議です。

デザイン的には完成度がほんとに高いと思います。

エンスーではないので、乗りたくても乗れません。

模型はものすごーく時間がかかってしまいました。
が、つくって楽しかったし、ヨタハチに惚れ直しました。

スーパーカー消しゴムコレクションのヨタハチと32分の1と
24分の1(手つかず…)の模型をトリオで飾ってみたいです。
[PR]
by cubit-papa | 2006-08-01 23:40 | 模型(プラモデル)
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31