モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

静岡といえば…

本日、出張です。

私にとって、静岡といえば「田宮模型」。

いや、プラモデルをつくった少年にとっては
静岡は「聖地」です。

「田宮模型で働きたいっ!」と
考えたことのない子はいないでしょう。
(いまはバンダイかな?)

なんで、あんなに模型メーカーがかたまったんでしょうね。

ちなみに家具や木工も盛んな地域です。
そんな歴史的背景もあるのでしょうか。


今回は、仕事なのでタミヤには行けませんが。

子どもたちと一度は行ってみたいところです。


PS
おみやげに「黒はんぺん」を買ってみました。
[PR]
by cubit-papa | 2006-11-28 09:28 | 覚え書き

東京国際家具見本市へ

11/23に行って来ました。

えーと、あくまで「私」の感想ということで。

デンマーク・カフェがよかった。
(でも、ブースじゃないし)

ウェグナーの椅子とテーブルをつかったカフェだったのですが
前回はなんの見本市(ギフトショーか?)だったか、またまた、出現してました。


椅子。

椅子は椅子なのに。

とっかかりが、違う。

なによりも「人が座る」っていうことに
きちんとフォーカスしている。

そのための「素材」だし、「デザイン」だし、「加工技術」だし。
そういうことが、見える。

他のブース椅子は
「素材」からスタートしたり、
「フォルム」からスタートしたり。
(最悪なのは、価格からスタートしたモノ)

そうすると、
座りたい椅子にはなりえない。

かわいそうな椅子。


さまざまに、生活に関するモノが雑誌などでとりあげられている。

そのことはとてもいいことなんだけど。

なーんか、まだまだ「付き合い」が浅いっていう印象の紹介。


なんのために、「モノ」をつくるのか。

そこから、スタートして欲しいと感じた見本市でした。
そういう意味では収穫ありなのかな。
[PR]
by cubit-papa | 2006-11-24 16:15 | モノ・コト・ココロ

週末の過ごし方

金曜は、
「先行逃げ切り」型の職場の人に付き合い、10時まで残業。

ゴールが見えなくて焦る気持ちはわかるけどねぇ。

つき合う事で、「製作しているものにかかっている時間」に対して
すこしは、計算するかと思ったら
「来週も、このペースでいかないと間に合わない…」って。

うーん。
(事前にみんなで打ち合わせしたのに…)
なにを言っても、納得しなさそう。


早くゴール見えるといいね。


土曜は野草の森へ。
先月は、他の団体との共催でたいへんなにぎわいだったけど、
今回は、それほど、にぎにぎしくもなく
ほどほどな感じ。それでも30人は居たそうで。

少ないときはうちともうひと家族ぐらいだったのに。

だれもいない森の中に入ると
鳥がたくさんいた。

人が来た事に警戒した鳴き声を発していた。

まあ一ヶ月に一度の開催だから。
驚かしてすまんね。

ここに来ると季節を感じる。

子どもたちは何を感じてくれているのだろう。

みんなで米の粉でつくった団子をつくって食べました。
あっと言う間になくなります。手品のように。

今回は私はあんまり(遊具や家具をつくる?)元気がなかったので
竹の箸をシコシコつくって過ごしました。

けっこういい出来です。

なんか、つくるの好き。
しかも、そんじょそこらのモノには負けたくない。

道具はナイフしかなかったけど
ちゃんと先端になるほど細くしてみました。

柄の長ーいスプーンもつくりました。
飯盒の底に届くので、これから重宝しそう。

今度はヘラをつくってみようと思っています。

さて今日は。

ずいぶん放置してしまっていた知人から依頼されていた
「テーブルの製作」のアイデアスケッチを描いてメール。
ごめんね。遅くて。

図書館へ本を返して
ツタヤで「チャーリーとチョコレート工場」と「ゼータガンダムの劇場版の3」を借りました。

ゼータはテレビで観てないのではっきり言ってさっぱりわかりまへん。
子どもたちもあの三角関係はよくわかんないみたい。

感情移入できるのがシャアとブライト艦長だけっていうのは
ダメですよね。

わたしはやっぱり「ファースト」止まりです。

来週の休日は友人の新築のお宅訪問&家具製作のための採寸。
なんか、ちょっと現場がもめているようですが
私はわたしで、いいもん作ろうと思っています。

…。まとまりがないですね。
まあ、いつもこんなもんです、週末なんて。
[PR]
by cubit-papa | 2006-11-19 21:10 | 覚え書き

来年は…

まだ気が早いのですけど
来年は
「道具」を揃える年にしようかと思います。


いちばん欲しいのは
製図の道具(パソコンとCADのソフト)。

けっして、安い買い物ではないのですが、
ちゃんとしたい。

会社でちょこちょこはもう止めようと。

家でやるにしても、
奥さんと使う時間がかぶるのは。ねぇ。

で、来年は驚きの「40歳」を迎えてしまいます。

なんだかんだと、捨てられなかったモノたちも
この節目で卒業できそうだし。

漠然と思うのは
これからの10年は仕事と家族とともに。

「50歳」には長男は大学生。
お金はかかってももう手はかからない。

自宅でいろんなモノづくりができるように
整備していきたい。

奥さんは「染め・織り・裁縫・畑」かな。

私は「家具・プロダクトデザイン・模型」。

いろんな人が出入りして
なんかてきとーにモノづくりできるような家。

そこで生活すること自体が
おおげさに言うと、「学び」になるような。

もちろん、今も「てきとー」なモノづくりはしてますが。
そのことを軸として、周囲とかかわっていけたらいいな。

そんなことをすこーんとぬける青空を見上げつつ
ココロの中で企んだり。
[PR]
by cubit-papa | 2006-11-09 19:58 | 覚え書き

趣味と実益

忙しくしている自分へのご褒美というより、
どっちかというと、
ストレス性の衝動買いで
エアブラシを買いました。

塗料のビンをそのままつけて
吸い上げるタイプ。

いやー、いいですわ。13000円が
8000円だったもんで。

今まで使っていた2000円のものとは大違い。(当たり前)

ほんと、いい買い物をしました。



私個人の「ものつくり」のベースにあるのは
幼少の頃の「プラモづくり」。

長い間、離れてました。
が2年ぐらい前に、出戻って
仕事でこりまくっている腕と肩で
性懲りもなく、プラモをつくってます。

なんでしょうね。この血は。

時間を忘れ、我を忘れ、しばし没頭できます。

なんというか、素に戻るような。

そうして出来上がった完成品を売ったりします。
最近は、ぜんぜん完成しないので
ぜんぜん、売ってませんが。

あんまり、完成品に執着心がない。
売るっていうより、譲る感じ。
気に入ってくれる人のそばへ行っておいでって感じ。

で、つぎはもっとうまくやるぞーっと
同じキットをまた買うのです。

このエアブラシのおかげで
完成までの道のりがちょっと
近くなった気がします。

「完成」をめざしつつも、そこへは決して到達できないもんなんでしょうね。
それでも、いいし。

で、プラモをつくって
ココロが落ち着いたら、
家具のスケッチをはじめたりするのです。

で、それをつくって、売って…。

そういう生活をしたいなぁ…。
[PR]
by cubit-papa | 2006-11-01 22:31 | 模型(プラモデル)
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30