モノ・コト・ココロ

cubitpapa.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心をはなれて、人はよみがえる

作家ではなく、カウンセラーの高橋和巳さん。

この人の語り口が好きである。

登場人物というか、カウンセリングに出てくる方々の
悟りっぷりが好き。

で、いつしか、このような悟りを自分も
得られるのではと、努力をしてきた節はある。

でも、当たり前だが、ひとりひとり違うのだから
そうそう、似た体験をできるわけもない。
(悟るっていうと語弊があるけどねぇ)

「心の死」について書かれたなかに

何とかしようと思ってきた自分はずっと傷ついてきたと思う。

という言葉でうーんと唸ってしまった。

実は自分もそうした性向が強くて
「今」に生きていないと自覚する事が度々ある。

未来への逃避のような感じなのだが。

何とかしようでは解決というか
要はまだ肚が座ってないんだよなぁ。

いまさらまたこんな事に直面してしまった。

ふぅぅぅ。

いつ果てるとも知れぬ
サラリーマン生活と
デザインで食べて行く願望。

打開というか
展開しつつあるものの、
二重の日常への不満もくすぶり続けているし。

何とかしようっていう言葉というか、
思考というか、生活が行き詰まって
どうにもならないってところから
なんかこうすーっと生きて行けるようになるのは
いったいいつになることやら。

そんなことを考えてしまいました。
[PR]
by cubit-papa | 2009-03-29 22:37 | 読書感想とオススメ本

ヒ○キ工芸の戸沢さん

あんまり、有名になって欲しくないのが
ヒ○キ工芸。

ってか、業界では有名。

ものすごーく、モノつくりが好きで
一直線なおとうさんです。

長男が木工の修業から帰ってきてから
おとうさんは会長職になりましたが
現役バリバリ。

今の会社に入ってから手がけた家具は
かなりお世話になっています。

その好奇心や素直な心は本当に会う度に
頭が下がります。

今日は会社を通じて
依頼していたテーブルを引き取りに行ったついでに
いろいろと長話。

あぁ、書きたいけどまずいのだ。だれのなにを作っているかは秘密。

でも、モノづくりでは
かなりの変態に属する
このわたしが
「ぐぇ〜」とうなるようなモノを
きっちり作ってます。

でも、最新の模型事情には詳しくない(あたりまえ)ので
いろいろとパテとか接着剤の話をしたら
よろこんでもらえました。
(特にUV硬化の瞬間接着剤)

やっていることとか、クライアントは違っても
お互いに情報交換というか、
切磋琢磨みたいな話ってできるんだなと。

そういう話ができるのはひとえに
おとうさんの人柄によるものなのかもしれませんが。

しばらく、縁遠かったんだけど今年はなんか、
おもしろいこと、一緒にやれるといいなぁ。
[PR]
by cubit-papa | 2009-03-26 22:59 | 尊敬するデザイナー

体調の維持

花粉症は薬の量を減らしつつ
いろいろとかみさんのアドバイスの
アロマ(ペパーミントの香りをマスクに染みこませる)
とかレモンとしょうがとはちみつの漬け込んだものの
お湯割りとかやってます。

劇的な効き目というのを実感できず
なんとなく、薬に頼っています。

週末に畑を耕運機で耕した時に
相当、花粉と排気ガスを吸ったのか、
ただの体力不足か
翌日はダウンしました。

最近のこのダウンは
疲労感とかいうやわなものではなく
文字通り、起きていられません。

ある程度は精神力で引っ張ってこれたのですが
ほんと、ここんとこのダウンは抗えない。

逆にここでまた無理すると長引くのでは…とか
考えると、おとなしくしているしかないし。

椅子の図面を描きたいのに。

せっかく、自宅でPCの時間がかちあわないようにしてもらっても
集中できない。(起きていられないのだからしょうがないのだけど)

厄年のせいにもしたくないのだけど。

周りの人が元気なのがすごく不思議。

まあ、多少の不具合はみんな抱えているんだろうけど。

だいたい、健康すぎな人生だったからなぁ。

でもこの「振れ幅」の広さは問題だなぁ。

(今は元気です)
[PR]
by cubit-papa | 2009-03-24 16:34 | 覚え書き

ハンドメイド&ナチュラルライフ

かみさんのブログ

がんばって更新中。

パソコンがかち合います。

でも、応援しています。

自分の好きなことと報酬のバランスみたいなものが、みつかるといいなと思います。

そしたら私は隠居してあそぼうー。と企んでいます。

あそぶったってモノつくってあそぶんだから
今とたいした違いはない…。
[PR]
by cubit-papa | 2009-03-03 12:45 | 覚え書き

安くモノをつくる工夫はしていても いいモノをつくる工夫をしていないモノが目につく

タイトルどおりなモノが多いというか、
社会的な要請なんでしょうか。

ほんとーに、感嘆詞(「おーっ」とか「すげーっ」とか)を
発してしまうモノが減った気がします。

デザイン性を売りにしているものは
機能性を犠牲にしているし。

機能性はもはや「だれが使うの?」みたいな
領域にはまっているし。

いいモノの定義もややこしいのかもしれないし。

儲けようとすれば、コスト削減は必須。

でも、「必要以上」にコストダウンをやっちゃうと、ふぬけになる。

今、ネコのえさ入れとして
「麦茶の水筒」みたいなものを探している。

私の記憶ではだ円の円柱で
フタには小さい注ぎ口があって。

どこにでもあったようなカタチ。

これなら、ネコのえさ入れにいいなーとおもって探すと

ない。

水筒というか、そのジャンルのものはあるんだけど
実際、注ぎ口にしても、掃除にしてもほとんど
考慮されていなくて。

なんかね。

うーん。

モノを見る眼が厳しすぎるのかなぁ。。。
[PR]
by cubit-papa | 2009-03-02 13:57 | モノ・コト・ココロ
line

1967長崎生まれ。家具を中心としたデザイナーになるべく、マイペースな精進(?)の日々を送る。この猪口の量産化に向けて画策中。(最新形状です)天気がいいと仕事を中断しチャリンコに乗りたくなる症候群を発症。


by cubit-papa
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30